ホットシャワー5など人気の家庭用吸入器を厳選して販売!

超音波式とスチーム式の吸入器の違い

  • HOME »
  • 超音波式とスチーム式の吸入器の違い

現在市販されている家庭用の吸入器には大きく分けて「超音波式」と「スチーム式」の2種類があります。
それぞれのメリット・デメリットについて比較しました。

超音波式の吸入器(A&Dホットシャワー)

超音波式の吸入器では、まずタンクの底に圧電装置があり、そこから超音波の振動を発生させます。その振動を利用して、タンクの中の水を均一にミスト化し超微粒子を作り出すのです。

そうやって作りだされた霧の粒子は、内部の送風ファンの気流にのって円筒ヒーターであたためられ、吸入用のマスクやのど・鼻用のノズルから噴き出してくるのです。

超音波吸入器のしくみ
 この時、霧の粒子は送風の経路で撹拌されるので、一定の温度を保ちながらマスクやノズルから優しく吹き出してくるのです。

また、超音波式の吸入器ではこうやって水を霧化しているので生理食塩水が使えるといったメリットがあります。(※薬剤は使用できません。)

 

スチーム式の吸入器(Panasonic・オムロン)

一方、スチーム式の吸入器のしくみは全く違います。スチーム式では、まずタンクにある水をヒーターで温めます。そこでできる高圧の湯気の勢いを利用して、もうひとつのタンクにためた水を吸い出し、霧吹きの原理で、吸い込むための適温の(大量の)スチームをつくるのです。

スチーム吸入器のしくみ

超音波式と違うところは、タンクの中の水が熱くなっているところ。以前は、このスチーム式の吸入器によるやけどの事故などもありました。小さいお子さまが使われる時は注意が必要ですね。

メリットとしては、超音波式の吸入器と比べると噴霧量がダントツに多いこと。このパワフルなスチームがいい!という方も多いようです。

ただ、のどや鼻の不快な症状の改善には、細かい霧の粒子を均一に患部に届けることが大切です。スチーム式の場合は、パワーはあるのですが粒子が大きいのがデメリットといえるかもしれません。

 

超音波式、スチーム式、どちらを選ぶか

店長個人の意見としましては、断然「超音波式」をおすすめします!

超音波式吸入器のメリット

  • とにかく粒子が細かいので奥の奥まで届きやすい
  • 生理食塩水が使える
  • スチームが出るまでの時間が短い
  • 電気代が安くすむ
  • やけどの心配がない

超音波式吸入器のデメリット

  • 噴霧量が少なめ
  • 値段が高め

 

当店では超音波式の吸入器、ホットシャワー5ホットシャワー3を安心価格で販売中。ぜひご検討ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 家庭用吸入器通販 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.