ホットシャワー5など人気の家庭用吸入器を厳選して販売!

鼻呼吸の大切さについて

  • HOME »
  • 鼻呼吸の大切さについて

ホットシャワー3 UN-133Bは鼻呼吸にも効果的!しっかり鼻の通りをよくして免疫力を高めましょう。

鼻呼吸って何?

鼻呼吸とは、そのとおり、鼻で呼吸することです。

哺乳類はみな鼻で呼吸をします。ただ唯一、口で呼吸する哺乳類、それが人類です。しかも1歳未満の赤ちゃんは口で呼吸することはありません。

赤ちゃんの鼻呼吸

ではなぜ、1歳以上の人類が口で呼吸するようになったのか。それは、『しゃべる』から。

人は、『しゃべる』 ということを通じて口で呼吸するということを覚えたと言われています。

鼻で呼吸しても、口で呼吸しても同じじゃないか、と思われる人も多いのではないでしょうか。実は、鼻呼吸と口呼吸では免疫力をつける力が全く違ってくるのです。

 

鼻呼吸と口呼吸の違い

ちょっと鼻がつまったときなど、人は自然と口で呼吸をしてしまいます。
口で呼吸すると外の空気が直接すぐに体内に取り込まれてしまいます。口には浄化・加湿機能がありませんので、空気中にある多数のばい菌や細菌は口から取り込まれ、直接的に身体に影響を与えてしまいます。何のフィルターも通さずに、身体にとって悪い物質を体内に取り入れてしまうのです。

一方、鼻で呼吸をするとどうなるでしょうか。
実は、鼻には吸った空気を浄化し、加湿する機能が備わっています。空気中のほこりや細菌などは「鼻」で約7割ほどが浄化・除去されます。
さらにその先にある「のど」の扁桃腺に取り込まれると、細菌はほぼ死滅されると言われています。こうして空気中のほこりや細菌を取り、また乾燥した空気をいったん鼻の奥で適度な湿度にすることで、のどや肺にとって刺激の少ない状態にしてくれるのです。

hanakokyu_haisyutsu

空気中にはバイ菌や細菌・またインフルエンザなどの菌もうようよしています。鼻はそれらから体を守る重要な機能を持っているのです。

鼻がつまっていたので口を開けたまま寝てしまい、朝起きるとのどがひりひりと痛かった、という経験はありませんか?
これは、長時間口で呼吸をしていたために口腔内・喉が乾燥し、ばい菌が入って粘膜が炎症をおこしている可能性があります。同じように、日中でも口で呼吸をしていると風邪やインフルエンザにもかかりやすくなってしまいます。

意識して鼻で呼吸するようにするだけでも免疫力を高め、健康な身体をつくることができます。
また、鼻呼吸をするためにも、鼻は正常なすっきりとした状態にしておくことが大切です。

そのためにも、ホットシャワー5 などの吸入器で乾燥した鼻の奥を潤すというお手入れは免疫力を高める効果もあるのです。

 

鼻うがいのすすめ

鼻呼吸をきちんとするため、鼻の状態を健常にしておくために、最近では 『鼻うがい』がすすめられています。
市販でも、簡単に鼻うがいができる、『鼻うがい器』 が人気です。

鼻うがい器ナサリン

 

これは、注射器のような器具を使って生理食塩水を鼻に注入し、口から吐き出すといううがいの方式です。
花粉の時期にも、鼻の粘膜についた花粉を落とす効果があり、注目されてきています。

鼻うがいをする場合、水道水などで洗ってしまうと、鼻の粘膜を傷つけてしまいます。水道水には塩素が含まれているからです。
ですから、基本的には細胞液や体液に近い生理食塩水(約0.9%の食塩水)を使います。ただし、洗浄のし過ぎも悪影響を及ぼす可能性がありますのでご注意ください。

ただ、鼻に直接生理食塩水を注入することに抵抗があったり、痛みを感じる人もいるようです。小さいお子さまなどは怖がる子も多いようですね。

鼻の中は乾燥させず、適度な湿気を保ち清潔にしておくことが重要です。そのためにも、家庭用吸入器で定期的に鼻やのどの奥のお手入れをしておくことをオススメします。

> 生理食塩水が使えるホットシャワー5はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 家庭用吸入器通販 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.